どうして頑張れるの?

 

1年生問題集(excel) が完成しましたので(無料)、よろしければご利用くださいね(全1256問) → ダウンロードページへ

 

どうしてそんなに頑張れるの?

 

スポーツ、勉強、ビジネス、
その他あらゆる分野のトップ集団の人を見て
「どうしてそこまで一途に頑張れるの?」
と思ったことはありませんか?

 

そして「自分はどうして頑張れないのだろう」
と嫌になることがありますね

 

 

このとき「どうしたら頑張れるのだろう」
と考えられればまだよいのですが、

 

人によっては
「自分とは違う種族」
「普通でいいじゃん」
「頑張ってもほとんどは報われないし」
「しんどいことはしたくないし」
「辛さと後で得るもののバランスがあってないし」
「嫌な気持ちになりたくないし」

 

…などなど頑張らないことを正当化して
自己防衛している場合は…
もう一度考え直してみてください!

 

その思考回路は成長をストップさせています!
その思考回路は強く生きるということを
放棄していることと同じです!

 

ですから「自己防衛かも」と
ふと思った時は、
もう一段踏み込んで
全てに『疑問形』をつけ足してみてください。

 

「報われないし」「報われないか?」
「普通でいいじゃん」「普通って何?」
「メリットないし」「メリットないか?」
「しんどいことはしたくないし」「そんなにしたくないか?」

 

それだけでかまいません。
それでいつか
「本当の損得」を考え始めることができたら、
それは新しい思考回路です!

 

 

試しに

 

「辛いことに逃げないでみた」、
→同じ境遇の人に出会えた、
次の辛いことも乗り越えられそうと思った
(大切な新しい「人」
新しい「感情」の2つに出会えていますね)。

 

「嫌な気持ちになりたくない」
→頑張らない方が
逆に嫌な気持ちにさせられることに出会う
と思うようになった。

 

「メリットなしに行動してみた」
→みんなが喜んでくれて
自分に良くしてくれるようになった。

 

 

そして・・・
「報われないかもしれないけど頑張ってみた・・・」
→成果は3か月後に出始めるということを知った!
応援してくれる人がいると知った!
励ましあえる人に出会えた!
報われるにはどうすればよいかを考えるようになった!
思考回路が少しずつ変わってきていることに気づいた!
今までにない自信のようなものが芽生え始めた!
疲れているはずなのになんか元気!
彼氏彼女ができた!
(飛躍しすぎじゃありませんよ~
頑張っているエネルギーは
自分では気づかなくても
人は感じるのです!これが!)
(もう十分報われていますね!)

 

 

(お父ちゃん:若いころの「安直な基準」は…
全く逆の結果を招きがちと気づいた。
つっこんでもらってかまいません!「遅すぎだろ!」)

 

 

 

 

頑張り始めることができたら、

 

冒頭のトップ集団の人を見て
「どうしてそこまで一途に頑張れるの?」を
真面目に考えることができますね

 

 

彼らは
100%鮮明に憶えているのです、
100%鮮明に知っているのです!

 

過去の感動も、
過去の涙が出るほどの悔しさ後悔も

 

そして未来の感動も、
未来の後悔も・・・

 

 

「未来の後悔」とは変な言葉ですが、
100%鮮明に想像できるということは
未来にいることと同じです、
そこから見る今の自分は
過去の自分ということです

 

「あの時もっと練習しとけば」
という未来の思いと
「今練習をさぼっている自分」を
同じタイムラインに置けるのです

 

テレビ番組で
ある女子プロゴルファーが
無意識的に言っていました
「それをやったから次の試合で勝てなかったと思うと怖くてできない!」

「未来にいるんだ」「未来が基準なんだ」と思いました
(一瞬で、本能的に未来にタイムシフトしたということですね)

 

未来の後悔が今の「さぼっている自分」
未来の感動が今の「頑張っている自分」
なのです。

 

頑張って練習しているときは、
過去の感動を思い出したり、
未来の感動を信じていますが、
少し さぼると
過去の後悔や
未来の後悔が
「自然に」よぎってしまうのでしょうね

 

私たちは
「いずれ合格発表の日は来るのだろうな~」ですが、
彼らは
頑張っているときは
「確実に喜んでいる合格発表が」
さぼっているときは
「確実に後悔している合格発表が」
鮮明に見えている
ということですね

 

 

 

 

どうしてそんなに頑張れるの? |

 

 

 

 

私たちにはタイムシフトできるくらい
100%鮮明な記憶がありませんね。
すなわち
「涙が出るくらいの達成感動」
「涙が出るくらいの悔しさ後悔」が。

 

ですが、今、
未来の後悔
と言う言葉を強く意識できたのです、
今の自分はまさに過去の自分になります

 

トップ集団のように
100%鮮明にタイムシフトできなくても
今よりは
リアルにタイムシフトできるようになれば
行動も変わってくるのではないでしょうか

 

 

 

 

そして、
ここで自分の頑張り度合いも
判定できますね

 

結果に対し
「涙が出るほど嬉しかった」
「涙が出るほど悔しかった」
100%全身全霊で頑張った証ですね。

 

どちらの感情も
人を強くする大切な感情
であることは言うまでもありませんね。

 

もちろん
「涙を我慢できる できない」
ということと
「全力で頑張った 頑張っていない」
ということは別の話ですよ。
甲子園で敗退した球児で
泣いていない球児は
全力で頑張ってこなかった、
とはなりませんから!

 

 

最後に、
感動、悔しさは
自分も含めた「人間に対する感情です。
テレビゲームやパチンコなど
「機械」に対するものに
感動や悔しさはありません。
「ただの達成感」と「達成感動」、
「イライラ」と「悔しさ」を
一緒にしてはいけません。
3日で忘れる「達成感」や「イライラ」を
一生忘れられない「感動」「悔しさ」と一緒にされては困ります!

 

 

 

 

ちなみにお父ちゃんの達成感動ベスト3は

 

3位 高校ラグビーでレギュラーユニホームを渡すときに自分の名前が呼ばれたとき
2位 自転車日本一周で宗谷岬の三角の石碑が視界に入ったとき
1位 親子中学の1年を終えて娘からの手紙を読んだとき

 

トップ集団の人に比べたら
小っちゃいですが
お父ちゃんにとっては十分これからも頑張ろうという
エネルギーの源になっています!!

 

 

 

→ マインド一覧に戻る

ページの先頭に戻る

 

 

 

 

 

  
  
このエントリーをはてなブックマークに追加
  

 

 

 

 スポンサーリンク

 

2017/12/5 23:12  
 
スタディサプリ高校・大学受験講座  

スタディサプリ ENGLISH  
 
通常  

スタディサプリENGLISH  
  
 

 


このページの先頭へ戻る