目標を達成する手段 (①する目標、しない目標)

 

1年生問題集(excel) が完成しましたので(無料)、よろしければご利用くださいね(全1256問) → ダウンロードページへ

 

目標を達成する手段① (する目標、しない目標)

 

一大目標を立てたら、
次はその目標を達成するための
手段」を考えますね

 

おそらく一大目標は
「長期的なもの」と思われますので
その間に
「中期的な目標」、
「短期的な(1日あたりの)目標)」を
立てるのかなと思います

 

「手段」≒「1日の目標」と考えてOKですね

 

 

 

ここでは「短期的な(1日の)目標)」に
照準をしぼって考えていきますね

 

1日であっても、「自分で考え」「自分の意志で実行」するのですから、
それは崇高な『目標』です!
「ノルマ」とは違います!
「ノルマ」は「他人から」「課せられる」「作業量」ですから!

 

そう考えると「ノルマを達成」という言葉はおかしいですね
「ノルマをやってのける」ですね、
その時は「達成感」というより「安堵感」しかないですものね
「ノルマ」は毎日続くと「重荷」でしかないですね。

 

 

皆さまが自分で立てた「目標」は崇高なものです
「ノルマ」なんていうネガティブで
やる気をなくす方向でしかない言葉は
使わないでくださいね!

 

皆様のは「ノルマ」ではなく
自分で立てた今日の目標!」です!

 

達成できたときは少なからず
「うれしさ」や「達成感」を感じることができますね!
感じない時は「ノルマ」とごっちゃになっています。
無理やりにでも「自分で考えたことを自分で達成できた!」と
毎回思ってくださいね

 

 

そして、初期の段階では
自分の力が自分で不明ですので、
簡単に達成できたり、
なんとか達成できたり、
達成できなかったりしますが、

 

それは当然です、
自分の力が不明なのですから!
決して「自分はダメな人間」とは思わないでくださいね、

 

1日どれくらいすれば
 ①疲れない
 ②少し疲れる
 ③かなり疲れる
 ④すごく疲れる
 ⑤倒れそう 

 

という見積りが できるようになるには、
毎日やって3か月~半年くらいかかると思います、

 

このとき「疲れだす」の少し後ろに位置する
少し疲れるに目標を設定していくことがお薦めです。

 

筋肉細胞も脳細胞も
毎日少しずつ負荷を増やさなければ成長しないからです
(=毎日少しずつ負荷を増やすと疲れだす時点が徐々に後ろに下がっていく
=疲れない時間が長くなる)
(少しづつですよ~)

 

受験のような期限のあるものは
学年によって「根性」というスパイスをつけたして
 ③かなり疲れる
 ④すごく疲れる 

 

で頑張りましょうね、
簡単に言っているわけではありません、
辛いのは知っているつもりです、頑張りどころです!!

 

 

( 明確な目標が立っていない場合は→「目標を立てることは難しい?」 )

 

 

前置きが長すぎですね、
それでは本題に入ります

 

目標を達成する手段として
しない目標」は
「する目標」と同じ位有効ですね

 

ついつい「する目標」
(1日5ページ解く、1日30個憶える、1日3時間はする、などなど)
アクション系の目標に目が行きますが、

 

「しない目標」
(ゲームは1日の目標が終わるまでしない、
アニメ・漫画は1日の目標にとりかかる前なら1時間しか見ない、
スマホは返事しかしない、
「ごはんできたよ~」と言われたら
解いている『途中』であっても手を止める
(切りがよい≒満足感→食べた後とりかかりにくい、
切りが悪い≒不満足感→食べた後すぐとりかかる)、
徹夜はしない、
二度寝はしない、などなど)
「しない目標」は想像以上に目標をたぐり寄せますね!

 

そして「しない目標」は
「する目標」より少ない力で持続できますね
(ex .毎日友達のいい所を10個言う という「する目標」より、
絶対に人の陰口は言わない という「しない目標」のほうが続けられますね)
想像以上にコストパフォーマンスがいいのです!

 

 

ただし、
中毒レベルになってしまっているもの(ゲームなど?)には
「しない目標」のほうが困難ですね、
そういうものは無理に「しない」としようとせずに、
してもよいですから
メリハリ」だけはつけて下さいね(先の例のように)、

 

それすらできないときは・・・
・・・皆まで言いませんね・・・

 

 

これら1日の目標を
1年間も続けると
完全に自分のものになりますね、
自分のものを通り越して、
それが自分になっているかもしれませんね!

 

 

 

 

受験勉強ほど大きくはありませんが、
「小さな毎日のする目標、しない目標」を
普段生活にも設定しておくと、
自分磨きができますね
おすすめとして
1年単位で2,3個ほど

 

こんなのはどうでしょう

 

向上心的なもの

人間的なもの

する目標

しない目標

する目標

しない目標

・帰るまでに、
帰ったら
①必ずすること
②できればすること
③できればすごいこと
の3つを考える

 

・1日の目標が達成できたら心の中で「やることは先に済ましたい人だから!」と毎回言う

 

・15分は運動する

・テレビは録画でしか見ない

(CMは無駄)

 

・ゲームはすることが終わるまでしない

 

 

・いつも口角をあげる

 

・7時間は寝る

 

・人のことを「好き」から入る

 

・挨拶が返ってこなくても毎日挨拶し続ける

 

・雨も風流だなと思う

・陰口はいわない

 

・二度寝はしない

 

・怒らない

 

・「だって」と口にしない

 

・「疲れた」と口にしない

 

・朝は走らない

 

・溜息はつかない

 

・時代のせいにしない

 

などなどたくさんありますが
1年に2,3個を
1年続ければ
「皆様」が「それ」をし続けているのではなく
「それ」が「皆さま」です
もう意識しなくても、「無意識」にそうなっています!

 

 

 

大好きな人の話で出てきた
「だって」と言わない などは
お父ちゃんは 30年以上言ったことがないので
今や 言い方さえわかりません (笑)

 

・性質…もともと持っている特性 (ex 血液型、手の大きさ、心臓の位置などなど)
・性格…変わる可能性を含んでいる特性 (ex . 怒りっぽい、大げさ、流されやすい などなど)

 

性格は1年かかりますが「変えることができます」ね

 

 

皆様も「簡単に続けられて」「なんかイイ」
『する ちょい目標』
『しない ちょい目標』
があれば教えてくださいね!

 

 

→ マインド一覧に戻る

ページの先頭に戻る

 

 

 

 

 

  
  
このエントリーをはてなブックマークに追加
  

 

 

 

 スポンサーリンク

 

2017/12/5 23:12  
 
スタディサプリ高校・大学受験講座  

スタディサプリ ENGLISH  
 
通常  

スタディサプリENGLISH  
  
 

 


このページの先頭へ戻る